皮膚科|池袋東口クリニック

what's new お知らせ・新着情報
腫瘍[色素性母斑(ほくろ)・粉瘤]に関しては、まず、しっかり症状の経過を確認させて頂き、状態を視診で診察をします。
治療方法は、切除術・炭酸ガスレーザーによる除去、冷凍凝固、電気メスなど状態により選択し施術致します。
検査は、治療と同時に病理組織検査(良性・悪性の確認や腫瘍種類の確認)をする事もございます。
基本的に、全て保険診療で行います。
ケロイド・肥厚性瘢痕(傷痕)に関しては、赤みや傷の盛り上がり方等をしっかり診察させて頂き、基本的な治療方法としては、ステロイド注射や軟膏薬治療や内服薬治療を行っており、場合によっては併用での治療を行います。
炎症性アテロームに関しては、皮下腫瘍に二次感染が全身どこにでも出来る可能性がございますので、治療方法としては、ひどい場合は排膿切開等の外科的な処置を行ったり、点滴を致します。又、軽症の場合に関しては、内服薬で経過を診させて頂く事もございます。
尖圭コンジローム(尖圭コンジローマ)の治療方法に関しては、基本に切除で治療を行います。検査方法としては、初回の治療の際に病理組織検査をさせて頂き、状態をしっかり確認させて頂きます。
又、男性の場合は、スピーディーに完治する事が出来る為、包茎手術をお勧めする事もございます。
陥入爪(巻爪)を抜本的に治療する場合は、外科的治療を行っております。ただ、二次感染を起こしている場合は、抗生剤の内服や部分抜爪等の治療を行う事もございます。